上板塑性株式会社

pageimg

会社情報 | company

ご挨拶

image

代表取締役社長
武山 睦子

弊社は1951年創業以来、自動車やスピーカー、機構部品などのさまざまな部品を製造して参りました。1964年には既に冷間鍛造プレス機を導入しており、冷間鍛造という製法をいち早く取り入れた、いわば「冷間鍛造のパイオニア」です。

その精神を継承し、『人に負けない製品を造る』を私たちのモノ造りの原点として、お客様から必要とされる会社を目指しております。

昨今のグローバル化の流れにもいち早く対応し、1994年にメキシコでの生産を開始しております。メキシコにも生産拠点があることで、北米のお客様にも製品をご提供することが可能です。

冷間鍛造から精密加工まで一貫した生産体制で、これからも冷間鍛造のパイオニアとして日々研鑽し、技術力・品質力の向上に努め、お客様のニーズに応え続けて参ります。

会社概要

商号 上板塑性株式会社
創業 昭和26年8月
設立 昭和34年10月
資本金 8,500万円
役員 代表取締役 武山 睦子
事業内容 精密冷間鍛造、自動車部品、スピーカー部品、機構部品・その他
本社 敷地11,581㎡/工場建物3,998㎡
関連会社 "KAMIITA INTERNATIONAL,INC.(アメリカ カリフォルニア州)"
"KAMIMEX S.A.DE C.V.(メキシコ ティファナ)"
取引金融機関 東和銀行 鶴瀬支店
埼玉りそな銀行 鶴瀬支店
みずほ銀行 川越支店
商工組合中央金庫 本店営業部
主要得意先
(敬称略)
日立オートモティブシステムズ株式会社
株式会社ケーヒン
豊生ブレーキ工業株式会社
ボッシュ株式会社
株式会社リケン
日本発条株式会社
第一工業株式会社
株式会社サンノハシ
明石機械工業株式会社
ボーズコーポレーション(アメリカ)
ハスクバーナ・ゼノア株式会社
その他、数10社
主要仕入先 JFE条鋼株式会社
株式会社神戸製鋼所
大同特殊鋼株式会社
新日鐵住金株式会社

沿革

1951.8
創業者 近野金之助に依り東京・板橋に於て創業する
営業品目:ネジ加工                                                     
1959.1
有限会社上板螺子製作所として資本金100万円にて操業を開始する
1961.3
資本金190万円に増額する
1964.11
冷間鍛造プレス第1号機を導入(コマツ製マイプレス160トン)
1968.12
資本金380万円に増額する
1969.8
埼玉県入間郡三芳町北永井に埼玉工場を移設する
1969.9
ヘッダ―マシンを導入→素材のコイル化を計る
資本金を600万円に増額する
1970.10
資本金900万円に増額する
1973.6
埼玉工場を現在地に移転する
1974.4
資本金1,530万円に増額し、上板塑性株式会社に組織変更する
パーツフォーマー導入→素材の黒皮コイル材を使用可能にする
1977.10
資本金2500万円に増額する
1978.5
資本金3000万円に増額する
コマツ製マイプレス1,200トン導入
1980.5
2トンコイル用矯正機導入→2トンコイル使用開始
1982.4
山形工場完成
資本金5,000万円に増額する
1989.10
資本金8,000万円に増額する
東京中小企業投資育成株式会社第三者割当増資(3,000万円)資本金8,500万円に増額する
1994.4
関係会社 KAMIITA INTERNATIONAL,INC.設立
KAMIMEX S.A.DE C.V.設立
1997.3
代表取締役 武山 睦子 就任
2001.1
ISO9002認定取得
2001.7
山形工場閉鎖
2002.7
ISO9001:2000モデル認証取得
2006.4
本社を東京板橋より埼玉県入間郡三芳町上富に移転
2007.4
ISO/TS16949認証取得
2009.8
戦略的基盤技術高度化支援事業に採択される
2010.4
JZK-MVP賞受賞
2012.11
MF技術大賞受賞