上板塑性株式会社

pageimg

技術紹介 | technology

研究開発

冷間鍛造によるヘリカルギヤの成形(1)

image 現在、ヘリカルギアは自動車の重要な機械要素部品であるが、 従来のヘリカルギヤは切削加工が必要なため多品種への安価な対応が困難でした。また近年、多軸制御油圧プレスによる冷間鍛造法が出現していますが、高価な制御・駆動システムが必要なうえ、生産性が悪いというのが現状です。
しかし、弊社の特殊630tonサーボプレスによる成形では、従来の冷間鍛造工法よりも生産性があり、精度のよいヘリカルギアの成形が可能となりました。

本事例は、型技術協会より『2014年技術論文賞』を受賞。

冷間鍛造によるヘリカルギヤの成形(2)

image 従来では右写真のようなヘリカルギヤを冷間鍛造で成形しようとすると、完全密閉鍛造となってしまい、金型に高い面圧がかかってしまうため、実質成形する事が不可能でした。
しかし、弊社の特殊サーボプレスでの二段成形と閉塞ダイセットにより、冷間鍛造による高精度なヘリカルギヤの成形を可能としました。